海外移住・バリ島のコロナウィルス影響2~ロックダウンの始まりか?

バリ島は 3月25日に ニョピ(新年)を迎え 先日もお伝えしたように 1年のうち1日だけの静寂の日を迎えました。24日の夜にデンパサール領事館からのお知らせで コロナウィルスの影響により 引き続き26日も外出を控えるようにとの通達がありました。日本のニュースやユーチューブなどでも ロックダウンが起こるのは いきなりで前触れがない。。。

24日に比較的多めに買い物をしていたので、2日間 家で過ごすことも難なく過ぎて行こうとしていた26日の夕方に また デンパサール領事館より バリ島州知事による 通達で 27~30日までの間 不要の用事がない人の外出を控えるように。。。との声明が発表されました。

ニョピは バリ島にとって ロックダウンをするのにも 都合の良いタイミングだったのかもしれません。まだ感染者の激増はないものの、疑わしい人や インドネシア全体の死者が増えていることも考慮して 決定されたことだと思います。また4人以上の集会や宗教行事等も 禁止されています。

昨日の夜 更にデンパサール領事館からのお知らせで 明日の28日より インドネシアから 日本へ帰国(入国)する人々は14日間の 検疫観察がスタートするそうです。

昨日まで 車やバイクの往来もなく 静かなバリ島でした。

今日は朝から 近くのスーパーに買い物に出かけました。 車やバイクの往来はいつもより少ないです。やはりニョピの前の日から 商品の棚が目減りしていましたが、まだ入荷していないようで、乾物コーナーが ガラガラでした。

昨日の夜から バリ島に住んでいる日本人の友人たちとのLINEでの情報交換。少し多めの食糧を備蓄する事が望ましい。。ということで、何を買っておいたら良いやら~。

備蓄リストを作ってみる。 *米 *乾物麺 *缶詰め *根菜系の野菜 。。。と結構 今もそろってるじゃん! 以外にしっかり事前に備蓄していた 我が家。飲み水と火 だけは ちょっと不安ですが、まあ10日間 以上はどうにか暮らしていけそう。最悪の場合は 近くの畑や田んぼで水菜や空心菜が取れる!バナナもパパイヤも実ってる。。

ということで 食料に関して言えば、意外に大丈夫なバリ島かもしれません。普段から 停電や断水なども多いので、その点も大きなパニックにはならないと思います。

一番のパニックになるとすれば。。。病気ですね。バリ島の人々は 宗教的な意味も含めて 見えないものを 非常に恐れています。ブラック・ホワイト マジック という見えない力や霊気のようなものを  本気で信じています。私の仕事でも良くお世話になる ‟ レインストッパー ” という 職業(というか霊媒師)の方々は 日本の霊媒師 雨ごい(雨を降らせる)の反対で レインストップ(雨を止ませる)人々です。祈りで雨を止ませるのです。その霊媒師の方にお願いするのには料金もそれなりに高いです。。  今までお願いした中で 優秀な方(パワーが強い)のようで 失敗したことはありません。。

今回の 見えない コロナウィルス も相当に怖がっています。そのうち コロナストッパー?のような霊媒師も出てきそうな勢いです。(信じる人もいるかと。。。)

ということで 少し世界的にも 深刻な状態が続いておりますが、これを機に 外出を控えて 家の中での過ごし方や 今までのライフスタイルについても 考え直してみたいと思います。

子供にも 大好きな学校や 友人と会える時間が減ってしまい、勉強する気力は削がれて、でも身体にはパワーがみなぎっている そんなモヤモヤ感は 今まで経験したことがないと思いますので、以下にポジティブに過ごしていけるかを、考えてもらえる時間となれば 良いな。と思います。

親は 子供をどれだけ守れるか?ということも すごく考えますが、子供が自力で そんな困難な時には どうやって行動をして 自分自身に折り合いをつけて 次のステップへつなげていけるか。。。この機会を自立の第一歩としても とらえて欲しいです。

私も基本的には ポジティブな性格で相当な行動力があるタイプですが、今回は 外に出る行動 を控えて 内なる行動力を見つけていけたらと思います。

https://www.balijapanblog.com

在デンパサール領事館からのお知らせを 以下にコピーさせて頂きますので、お役立てください。

===

●3月26日(木),バリ州政府は3月27日(金)から30日(月)までの間,引き続き外出を自粛するよう州民に要請する声明を発出しました。なお,各県知事・市長等に対しては,緊急の所用のある住民が通行できるよう道路の封鎖措置は取らないよう呼びかけています。
● 今後の状況の変化により,さらに追加的な措置等が執られるも可能性がありますので,最新情報の入手に努めるとともに,感染の予防に努めてください。

1 3月26日(木),バリ州政府はバリ州知事声明を発表し,3月27日(金)から30日(月)までの間,州民は緊急な用務がある場合を除いて,引き続き自宅に滞在し,戸外での活動と他者との接触を制限するよう要請しました。
2 また,同声明において,夜間娯楽施設の経営者に対し,しばらくの間営業を自粛するよう要請しました。
3 他方,26日に実施されたような道路封鎖に関しては,緊急の用務がある住民が通行できるよう道路封鎖は行わないように各県知事・市長および伝統村落の長に対して要請しています。
4 バリ州に滞在する邦人の皆さまにおかれては,今後の状況の変化により,さらに追加的な措置等が執られるも可能性がありますので,最新情報の入手に努めるとともに,感染の予防に努めてください。

【参考】バリ州知事声明(骨子)
3月23日のバリ州知事声明(注:(ニュピに引き続き)3月26日(木)は自宅で過ごすよう州民に要請するもの)に関し,バリ州知事はバリ州全住民に対し以下を要請する。
1)上記声明は3月26日(木)において有効なものである。
2)その日以降においても,自宅外での活動を制限し他者との接触を減らすことで,新型コロナウィルスの拡散を防止するよう最大限の努力を払う必要がある。
3)すべてのバリ州民に対し,引き続き自宅で働きまたは学習し,緊急の必要がある場合を除いて自宅外での活動を減らすよう要請する。
4)夜間の娯楽施設の経営者に対し,しばらくの間営業を停止するよう要請する。
5)県知事・市長および伝統村落の長に対し,緊急の必要がある住民が通行できるよう,それぞれの地域において再び道路封鎖措置を執らないよう要請する。
6)この要請は,2020年3月30日まで有効であり,中央および地方における情勢の推移にしたがって常に見直されるものとする。
 以上,本件要請を秩序と規律を持って実施するよう要請する。
(バリ州政府通信情報統計総局長,署名)

【問い合わせ先】在デンパサール日本国総領事館 Konsulat Jenderal Jepang di Denpasar

Jl.Raya Puputan No.170, Renon, Denpasar, Bali, Indonesia
Tel: (+62)0361-227628
Fax: (+62)0361-265066
e-mail: denpasar@dp.mofa.go.jp
Web: https://www.denpasar.id.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
休館日:土・日、休日  開館時間:08:30~12:00、13:30~16:00
====

以上になります。

それでは 皆さまも お元気で!

Bali-Japan-Blog

クサくない!まずくない!【ノニ濃縮ソフト】

目指したのは、首に負担のかからない枕です。 スリープマージピロー

2件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中