海外移住・ハーフの子育て~高齢出産

私が 国際結婚をしたのは 普通の人よりも遅く 33歳の時でした。

それまでは 両親には 結婚しないで一生独身で過ごす娘。。

と思われていたようです。

約6年間の遠距離で お付き合いした後、結婚し 色々検討した結果 バリ島に移り住むことになりました。

子供を妊娠した時は 38歳 もう高齢出産と言われる域に既に達していました。

子供が嫌いなわけでもなく、ただ 仕事に追われて その年までは子供が出来なかったのです。

38歳での妊娠は 今まで経験したこともない 充実感と どんどんお腹が大きくなっていく

自分の様子が おかしく 寝返りやうつぶせが出来なくなって 束の間のストレスを感じたことを 覚えています。

Bali Japan Blog

妊娠中は 現地バリ島のお医者さんに診てもらっていましたが、バリ島では 2~3人兄弟が多く 産婦人科は いつも混んでいます。少子化の日本では考えられないくらいの、妊婦さんが勢ぞろい。。多い時は60人待ちとかで 驚かせられました。

私の年で初産を経験する人が居なかったようで、色々心配もされましたが、一回もつわりの経験もなく 体調不良にもならず 体重の増加も 普通に増加していったので、順調そのもの。

8カ月経過しても まだ逆子だったので、高齢出産という懸念もあったので お医者さんのすすめにより 帝王切開で出産をすることを決めました。

入院する 2日前まで 普通に仕事をこなしながら 普通に生活していたのが幸いしたのか、大きいお腹以外に、本当に妊娠していることを忘れることがしばしば。。

出産時には 看護婦さんに血圧が低すぎる。。と心配されましたが、確かに私の体は いつも低血圧なんで、大丈夫! お医者さんのフォローもあり 無事5日後に退院。バリ島では 日本と違い欧米のスタイルで出産後の入院は 自然分娩の方は1~2日で退院、帝王切開の方は3日ぐらいで退院なのです。

私はどうにか5日間粘り、退院させられましたが、退院の時 術後の痛みを抱えながら どうやって子育てするの~??と一気に不安になりました。。

出産した後に、子育ての方法など 無知なことが沢山あったので 少しく困惑もありましたが、優等生の息子のおかげて 夜泣きもなく、大きな病気もなく 育ってくれました。

母乳は約2カ月ほど その後は市販のミルクで 仕事に疲れた 私は 時折り 朝まで寝過ごし ミルクを忘れたことも 何度かありましたね~。

今から考えると 妊娠中に良く話しかけたり 歌を歌ったりしてコミュニケーションを取り

出産後は やはり直ぐに働いていたため、家に帰宅したら、必ず体調チェックなどのスキンシップを行っていたので、まわりの人々にも助けられながら 子育てをしてきた感じです。

息子が生まれて 面白かったことは 生まれて初めて 話しかけた言葉は 私はインドネシア語で

家の旦那さんは日本語で話しかけていたことです。

どちらの親も きっと 自分の子供は外国人。。と思っていたのかもしれませんね~。

次に続きます~。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中